AC、人格障害関連

診断しない根拠

 私のHPには全国から発達障害に関するメール相談がある。相談内容に多いのは、「ADHDでもASでもない」と言われたというものだ。

 通常診断には最低50例くらいは疑わしい例を経験する必要があると私は思う。私は心療内科に勤務しているが、内科疾患などで分からないものは可能性のある疾患を挙げた上で「自分には分からない」「専門のところに行きなさい」と説明する。

 私はADHD、ASについて成人が大半であるが定期通院でそれぞれ30例以上、診断のみでそれぞれ同じ数くらい診ている。それぞれ初診時は心理士の予診に一時間、私の診察も一時間くらいかけて話を聞いて、それでも診断がつかないケースは家系図を3代前まで聞き、アルバムを持ってきてもらって生育歴を徹底的に振り返る。

 現実的に考えて、成人発達障害症例をまとまった数診ている医師は少ないだろう。その状態で、「発達障害でない」という判断がどうして出来るのか私には分からない。

 発達障害の本人は答えを要求する。答えが分からないだけで不安定要因となる。「でない」と診断されることは中立的でなく、身体症状などや抑うつなどの症状を悪化させることが多い。

 私は当事者の方には、「でないという診断根拠を詳しく聞くように」と勧めている。診断とは所詮診断基準への当てはめであって、詳しく「この項目には当てはまるがこれは違うから」 と説明できるのが当たり前だ。これは最低限のインフォームドコンセントとして要求して当然であると思う。

 http://www7.ocn.ne.jp/~k-goto/


関連記事

  1. 統合失調症と発達障害
  2. 「ADD」と受動型ASと依存型ジャイアン
  3. 治療に何を求めるか?
  4. AS-ADHDカップル再①
  5. あるメール相談へのお返事111204
  6. 引きこもりの理論 – 現実的想像力の不足
  7. 高校入試の「配慮願い」
  8. 依存型ジャイアンの超楽観主義

コメント

    • m.y
    • 2006年 8月 30日

    ありがとうございます。
    現在、悪化している事だけは分かりました。
    どこまで聞いても平行線なので、通院をやめました。

    • 鈴虫
    • 2007年 10月 22日

    高機能自閉症です。幼児期からすでに異常を指摘されていましたが成人になって診断されました。 それで自閉症スペクトラム者は、一体どうなるんですか、、、なんといえばいいか、どうすればいいのでしょうか?このままでは明らかに物理的にも、身体的にも金銭的にも死んでしまうきがします。私は天涯孤独になるかもしれませんし、行動自体が異常と言われては一人ではますます「だからどうすればいいのか?」わからなさすぎます。

    • slummy
    • 2007年 10月 23日

    なんだか悲痛な叫びのように思えたので、なんとなく放っておけなくて、レスします。
    >このままでは(中略)死んでしまうきがします
    人はみな、いつか必ず、身体的に死にます。
    私も、あなたも。
    ・・・すみません。
    そういう話じゃない、ってのはわかってるつもりで、あえてこういうレスを書いています。
    何に苦しみ、何をどう解決したいのかが、全然わかりません。
    とても苦しんでおられることは漠然と伝わってきますが。
    たとえば「身体的にも金銭的にも死んでしまう」とはどういうことでしょう?
    将来、お金に困って死にそう、ということですか?
    身体が死んでしまったら金銭問題は意味ないのでは?
    それと、気になる言葉が。
    >「だからどうすればいいのか?」
    短い間隔で何度かコメントされていますが、やんばる先生のHPは読まれましたか。
    鈴虫さんは「自分を変えたい人、自分で治したい人」ではないのでしょうか。
    それとも、これも何度か書かれている言葉
    >「このまま」
    をお望みなのでしょうか?
    >「だからどうすればいいのか?」
    という問いは、誰かが「こうすればいい」と答え、その誰かの指示に従えば何もかもすべて解決することを期待しての問い、としか私には思えませんでした。
    そんな都合の良い答えが、世の中にあると思っているのでしょうか。あるわけない・・・のに。
    苦しまれている鈴虫さんに対して、厳しいレスになってしまって申し訳ありません。率直な感想を書かせていただきました。
    ちなみに私は自己診断ADHDです。自分の欠点のために苦しんでおり、そんな自分を変えるヒントを探そうと、このブログを読み続けている者です。

    • dadaist
    • 2015年 12月 19日

    先生の”人間は崖っぷちに立たされなければ変わることは出来ない”というメッセージに非常に感銘を受け、ここ数年自らを崖っぷちに追い込んできた事が間違いではなかったと確信いたしました。ただ、地元の医者からは診断拒否されてしまい、私は精神的に粘り強いほうだと認識していますが、医者に崖っぷちから叩き落とされる気分を他の人達に味わって欲しくは無いと願っています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP