AC、人格障害関連

人格障害と呼ぶ前に⑥

 人格障害と呼ぶ前に⑥ -- ADHDのACでないことを確認する。

 自分で「境界例」や「AC(アダルトチルドレン)」と言ってクリニックを訪れる人の多くはADHDのACであると私は考える。 

 ADHDの二次障害によって、自己評価が低下し、「自分は人格障害だ」「変わらなければならない」と一生懸命に訴えるが、客観的には深刻味に欠け、訴えるほど対人緊張が見られず、また人格障害特有の人を振り回すずる賢さなどを感じさせない。多くは「考えすぎ」等と言われて相手にされずがっかりして通院をやめることになる。

 ADHDは状況が分からない障害で、境界例やACは状況認知に非常に敏感であり、本来ADHDはACにはなりようが無い。しかし主観的には、本人の体験としては、見捨てられ不安や人と自分の問題の境目が分からないなどの境界例やACの特徴を備え、「本人の感じている形としては境界例やACそのもの」ということになる。

 上の特徴のために、本人の訴えは非常に理解しにくいものとなり、「何を言っているか分からない困った患者」ということになっていることが多いと想像する。

 そういうケースはまずADHDを疑って欲しい。片付けや、物を捨てられない、状況が分からない、正直すぎる、言葉を何でも真に受ける等の特徴を注意深く聞くと、ACで人に合わせようと努力しているために 典型的なADHDに見えないことも多いが、ADHDであることが分かる。

 http://www.geocities.jp/yanbaru5555/acwithadhd.htm


関連記事

  1. 自己診断と自己コーチングの構想
  2. ジャイアンの空想
  3. のび太とジャイアン2
  4. 発達障害を疑う自覚症状
  5. 理解のための努力
  6. スティッチ
  7. 発達障害と感情調整薬
  8. ジャイアンの本質(中間総括)その3

コメント

    • オカメ
    • 2013年 4月 16日

    知り合いで自分の事をACと言い苦しんでいる人がいます。確かに家の状況から想像するとそうなのだろうと意味はわかるのですが、その方は、傍からみると人に適応しすぎてずうずうしいくらいに見え、又、本人の正直さゆえさから来る、間違を見つけたら伝えないとという使命感などから・・ACという人の特徴の、深い関わりを避ける、私ごときが・・という本当の意味の自己低下を感じさせないのです。その方は今、身体化表現性障害で苦しんでおられます。ご主人に発達障害の疑いを伝えたのですが、彼女本人からはいろいろなことを聞いていて彼女なりに考えた結果起こした行動で私が聞いておかしい点が見られないので違いますときっぱり言われましたが、。。。本人に聞いてもダメなのにな・・・とは言えなかったです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP