ADHD関連

ジャイアンの見分け方追加

 その後思いついた特徴を追加して置こう。

20.自分が不利や不安になると、その事実を打ち消すようなような夢想(ファンタジー)にふけり、そのことばかり考え続けたりする。

21.人に対して何か(自分勝手にでも)貢献すると必ず感謝や「理解」を「強要」する。(感謝しないと激怒したりあからさまに苛立ちを表したりする)。

(今後も思いつき次第適宜追加していきます。) 

 今のNHKの朝の連続ドラマの主人公(落語家)は明らかにジャイアン的な人物像だと思います。

 否定を恐れるジャイアン本人にとって私の表現は受け入れがたいことは承知していますので、先にひとつ注釈しておくと、「努力家という形でプラスに結びつける可能性は少しだけれど有る」ということです。

 ただ言い張るとかごり押しするのではなく、努力して認められるパターンを身に着けて、ある程度社会的に(表面的にでも)評価や注目される場所にい続けられれば、ジャイアンの脳の働きのマイナスが表面化しにくく、逆に「向上心」としてプラスに結びつけることができます。

 ただ近いうちにHPの偏屈者宣言を改訂しますが、ジャイアンとして自己中な脳を持っていることを弁え続けることは必要です。

 子供の問題で言えば、子供ジャイアンの気持ちがわかるのは親ジャイアンでしかないので、子供に「努力家」をインストールするために全力を尽くしましょう。

 


関連記事

  1. スティッチ
  2. 今後のこのブログへの書き込みについて
  3. のび太とジャイアン2
  4. 思春期の発達障害ケア
  5. マタタビのジレンマ
  6. ADHDが宿題を忘れない方法
  7. ローレンツ「攻撃」より1.衝動と刺激
  8. 積極奇異型ASDの愛着の問題

コメント

    • 月の草
    • 2007年 12月 18日

    □否定あれこれ
    「否定的な表現を受け入れられないジャイアン」が、もっともキツイ表現ですね(笑)。そうして、これって自閉的な感じがしますね。否定的な表現に過剰反応、受け入れ拒否って、自閉症関連でよく話題にのぼりますよね。
    春以来というもの、被害妄想か自意識過剰かわかりませんが、ジャイアンに関しては否定的な表現が多く、ジャイアンは徹底的に自分を痛めつける必要があると言われているような気がしています。それは、一つには改善策が他のケースと違ってあまり提示されないせいかもしれませんし(模索中?、現実を呑み込むのでまずはジャイアンは精一杯だろうという優しさなのかもしれませんし。どのみち、それだけ救いようのない存在なのだという、ネガティブなメッセージを受け取っています。
    ダメな者が社会にでていていいわけありません。開き直るのはもっとダメ。悲観的になりすぎると社会に出るのが不安になり、良い結果を招かない。そのため、正しいかどうかわかりませんが「自制する」を目標にして人と関わるようにしています。
    また、私の場合、受け入れられないから現実逃避するというのもいくらかあるのですが、むしろ自分の悪いところは重々わかっていて、自分を持て余し、自分自身に嫌気がさしています(このあたりの感覚も自閉症者に似ているかも?)。
    努力家としてやっていける可能性が少しだけある、と先生は考えておられるんですね。少しだけってことは____楽観するなってメッセージを受け取りました。凄く威圧的なかんじ(笑)。
    ところで、努力せず、思いつきで場当たり的に、しかも気まぐれに主旨を変更して暮らしているのが常な人が、努力家として成功したり、そのような評価を得られるのが対局にあるようで、イメージしにくいですね。勝手な思い込みで努力家に邁進するということでしょうか?

    • 月の草
    • 2007年 12月 18日

    □努力家って?
    私の知っているジャイアン的な人は、YANBARU先生のような努力家の人が多く、そういう人はけして少なくないと思います。社会的に成功している人たち______医師、起業家、NPOのリーダー、企業などの、突出した才能を持つ、スーパースターな人に多く見られるようにも思います。どこかにそういう人がそうだと、先生も書かれてましたね。知識の量だけでなく、技量、パワー、集中力、モチベーションの高さ、大量の情報を精査して、集約する力を持つ人々。彼らは人間業とは思えないスーパーマン的働きで尊敬を集め(=カリスマ性?)、ウィークポイントは責任ある地位についているからこそ自制されているように思います。自分をコントロールする必要がでてくれば、いいのですか?
    先生は、自分に向き合うことができないのがジャイアンなのだということを仰っておられますね。そういう人もいると思いますが、私は、自分のダメな所を痛いほどよくわかっている人も、いるんじゃないかと思うのですが。反省できるジャイアンと、反省できないジャイアンがいるということは無く、やはり全てのジャイアンは反省しないのでしょうか?先生も反省されませんか?
    社会的に成功しているジャイアンの中には、勿論ゴリ押しで、皆が引きまくってるのに気付かず、刺される寸前で孤立してる人もみかけます。
    しかし、皆に信頼され、自制し、わきまえて活動している方々もおられます。この別れ道とは、「モラルを叩き込んだ」それだけなんでしょうか?マニュアル通りにモラルを実行しているだけで、人の痛みがわからないことは同じ?モラルに照らし合わせてうまくないと思ったら、叩き潰すジャイアンは問題ですよね(そういうところ、私にもあり、自分で自分を持て余しています)。
    全ての物を呑み込む勢いのある人は、あれも然り、これも然りとして、柔軟に対応されます。本質的なところが理解できているからこその対応だと思います。
    私は、人の痛みがわかるかわからないかに分かれ道があり、人の気持ちを実感できない人には、そもそもモラルを叩き込む必要性が感じられないため、うまくいかず、モラルを振り回すジャイアンになる気がするのですが…..

    • パパイヤ
    • 2007年 12月 18日

    見分け方に書かれてることは、多数派の人はよく分かってることなんでしょうか。そんな気がしてきました。(自分以外の)ジャイアンのことを「自分勝手で高圧的で嫌い!」と思ってましたが、それは自分が(ジャイアンの)ACだからそう思ってただけで、多数派の人たちは、ジャイアンたちのことを「単純で、おだてに乗りやすく、扱いやすい。(頼りにすると色々やってくれていい人だ)」みたいに
    言っていたことを思い出しました。

    • 月の草
    • 2007年 12月 18日

    □信頼ってどこから?
    モラルなどの道具は、使う人次第で凶器にもなってしまう。
    モラルを自分自身に向けている人と、他人に向けて発する人とで差がでるんですかねぇ。
    人を必要としないジャイアンは、目の前にいる人を人とも思わない発言で、相手を苦しめる。
    相手を信頼していれば、およそ言うはずもない発言をしたりする。
    信頼するもなにも、元々人を見る力が無いから信頼できない。人の顔の表情や、言葉のニュアンスが読み取れない。
    取りこぼす。世界に流通している情報の半分も拾えない。
    それじゃなぜ、何かの分野で突出した才能を発揮することができるんでしょうか?
    なにかを成すためには、inputとoutputがあるというか。詳細に観察するから、成果が出せる。
    人の顔の表情は世界共通で、ほとんど違いがないそうですね。脳が人の顔を読まないから、人間関係がまずい。元々遺伝子に組まれてるスキルらしいので、欠落してるとか、働きがダウン気味とか、それもあるんですよね、きっと。もう一つ、その人にとって無価値で、感心が無いだけという場合はないんでしょうか。
    20才くらいまで、相貌失認があったらしい母も、サービス業を自分ではじめてからは、人の顔を忘れることはなくなりました。詳細な顧客カードが頭に入ってる感じです。勿論利益に直結することがもっとも高いモチベーションアップの理由でしょうけれど、子供を育て、家族が大病になり、一通りの苦労や挫折を経て、人との繋がりや人の心の温かさを、有り難く感じはじめたらしいです。母は繰り返し、人はあり難い、友達は大事にしなさいと言っていたのを思い出します。
    これが大きな価値観の変化ですか?どうかして、人の気持ちにフォーカスできるようになれば、だいじょうぶ?

    • 2007年 12月 19日

    初めまして、こんばんわ。
    日々こちらのブログを拝読させて頂いています。
    私は近々発達検査を受け、自身に発達の偏りがあるかの事実を確認したいと望んでいる者です。
    今回のブログについて私自身では判断に苦しむ部分がありましたので二点程質問させて頂きたいと思いました。
    現在私の子供は発達検査は済んでいますが長く重なり続いた諸々の事情により精神的に非常に不安定な状態で実質的には不登校と変わらない状態に陥り、親の私ばかりに強い対人恐怖と集団恐怖を訴え、診察途中のまま通院も難しく様子見の段階です。
    確定診断はまだですが、現在までの検査でAD/HDは否定されています。
    素人判断に過ぎませんが、先生のブログを読ませて頂いている限り、私を含め子供の両親共がある意味ジャイアンとも思われます。
    そこで、
    1)
    「子供に努力家をインストールする」と言うのは、人格と切り離す事は不可能であろう発達障害を持つ当事者は、多数派への「同化の強要・強制をも求められる事も有り得る」といった意味も含まれるでしょうか?。
    そうであるなら
    2)
    多数派への同化が難しい可能性も高い発達障害当事者(発達障害傾向の者までを含め)は、個人の人格権や生存権までをも否定されかねない事態に繋がる様な事が起きて来る可能性もありませんか?。
    特定の価値観評価基準で構成される多数派集団に少数派が一方的に同化を求められる事態が起きる可能性があるなら、「障害に無理解な多数派」により発達障害者に対して、同化の努力を数の暴力により強要され、個人の人格権や生存権の否定までをも誘発する人権侵害の精神的温床になり、人が人を痛めつけイジメる理由になりはしないか?との危惧を今回の先生のブログに感じました。
    ジャイアンであり発達障害者であるから自分は痛め付けられたいと望まれる方には私の危惧は見当外れのものであろうと理解しておりますが、例え社会的成功を収めずとも、ジャイアンかも知れない私は誰からも痛め付けられたいとは思えませんし、誰から人格権も生存権も否定される謂われは無く、私はジャイアンである前に一人の人間であるとの「人間の尊厳」を自ら投げ捨てたいとは思えません。
    寧ろ、現代社会において社会的成功を収めている人がほんの一握りの少数派なのではないかと考えました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP