AC、人格障害関連

ジャイアンの本質(中間総括)その4

各論4.依存型ジャイアン(ボーダー型)
 ジャイアン本人を溺愛する代わりに、言語的な説明を省いて主に非言語的なかかわりの中で全部親の思い通りになるように支配して育てた場合、ジャイアン本人は「その親をどうコントロールするか?」だけをテーマとし、その方向の能力だけを発達させて成長する。
 この場合、「衝動は親にコントロールしてもらう」「この親から溺愛されるために親の気に入るようにする」というスタイルとなり、非言語的な状況察知能力の有無により異なるが、表情や言い方などの非言語的な表現の使い方に巧みとなり、非言語的に周囲をコントロールする技術を身につける。
 例えばAS父親に溺愛されたジャイアン女子は、同じタイプ(ASが多い)の男性をコントロールすることで自分は努力しなくても衝動を達成できる。
 これは「依存」のスタイルであるが、非言語的に対人関係を「操作」する意味では境界性人格障害(ボーダー)に酷似する結果となる。
 衝動を実現するための強欲ぶりはジャイアン独特のものであるが、これは見ようによって「愛されるために死に物狂いとなる」という風にも見えるだろう。このタイプの若い女性は摂食障害を伴うことも多い。

各論5.依存型ジャイアン(情緒障害型)
 非言語的に支配し、「目で躾ける」といったネガティブな養育環境で育ち、言語的な説明が欠如していた場合、上記と同様に「人に衝動をコントロールしてもらう」というパターンになる。 
 ボーダー型と異なり親は支配と引き換えに溺愛もしない。親からの非言語的なメッセージは主に否定的で、「叱られないために」ということだけを考えて成長する。
 このタイプは多くは情緒障害(離人症様)として成長し、「異常にドライ」で、結果的には「冷たい自分の利益だけしか考えない人」というスタイルとなる。
 表面的な気配りは、生き抜く知恵として体得しているため、表面上の愛想は良いことも多いが、継続的に近くで接すると、(依存型に共通する特徴であるが)極端に場当たり的でその場の対応だけに終始する行動に家族などは疲弊することになる。
 この冷たさ、人を利用対象としてしか見ない部分を見ると「精神病質」または「シゾイド人格障害」という診断にもなりうる。
 この型の特徴として、「情緒的に責められると思考がフリーズして無反応状態になる」ということが良く見られる。

各論6.ジャイアンAC(ACはアダルトチルドレン)
 言語的に親から否定され続け、自己評価が異常に低下したジャイアンは、(非言語的状況察知能力が不足しているKYなタイプが多いが)「自分はとにかく駄目なんだから、普通の人たちに合わせて生きるしかない」と強迫的に思い込み、多数派を表面だけ真似てジャイアンなりに「普通」と考えたスタイルで強迫的に行動し続ける。
 「自分は駄目な人間で普通でないから我慢する」という衝動統制だ。
 本人は「気を使っている」つもりであるが、周囲から見ると空気は読めておらず、見当はずれのことが多い。
 このタイプが心療内科を受診すると、「対人関係が苦手」「私は変わらなければ」と焦って強弁する割には対人緊張も希薄で、「考えすぎ」等と対応されて逆切れすることも多い。
 本人が「自分は境界例」と言って心療内科や相談機関に訴えることもあるが、周囲を非言語的に操作する本物のボーダーとは客観的には似ても似つかない。
 とにかく「奇妙な人」の外観を呈する。本人が体験する自己評価は低下しており、主観的にはACに非常に似ている。
 「AC的」を通り越して、被害妄想に近い病的ケースも実は多い。統合失調症と誤診されているケースは実際多いだろうと想像している。


関連記事

  1. のび太の思い込み
  2. AS-ADHDカップル再①
  3. 片づけが出来ない理由
  4. ADHDとASの違い(再論)
  5. 発達障害と二次障害
  6. ローレンツ「攻撃」より5.ネズミたち
  7. 精神疾患に見える発達障害シリーズ⑤
  8. 人格障害と呼ぶ前に⑧

コメント

    • kei
    • 2010年 6月 22日

    嗚呼、ジャイアン夫が義父のたいこ持ちのようであるのはそういう事だったのですね、、、。支配と引き換えの溺愛。
    義父母ともそういう思考回路で未だに息子家族の家の周りをいつもうろうろ、、、。ADHDな嫁を気に入らなかったのも合点が行きます。「こいつはどうして服従しないのだろう?私達は絶対権力を持つ(はずの)目上なのに」と。彼らの序列付けは意味が分からず、私の実父母は彼らの下に自動的に位置づけられているようです。女の親だからでしょうか?
    今困っているのは、手先であるジャイアン息子を通して孫の人生も支配しようと目論んでいる事です。具体的にいうと、塾と習い事、スポーツをたくさんさせて、ゲームを取り上げる、という内容なんですが、、。
    我が子らが嫌がっているし、そんなスケジュールをこなす適性もないし、、、、私も賛成しかねるので、、、と優しく諭しても、強く言ってみても、権威の文献を引き合いにだしても、こちらの考えを何度か言ってみても、全~く聞き入れてくれましぇん。こわれたスピーカーみたいに同じことばっかり何年も言い続けるのですよ、、、。義父母と夫は、、、。
    あまりの通じなさに怖くなります。

    • pal
    • 2010年 7月 11日

    依存型ADHDに依存されたら、こちらの身が持たない。
    思いつくままに行動し遊ぶ(そして時に尻拭いする)資金をだす。偉そうにする相手がいなくなったときの威張る対象になる。
    これをやってあげないと鬱になり、摂食障害になる。
    プライドが高くカウンセリングは受けないから、最大の妥協点を探して、どなってはその百倍褒め、改善に向かわせても、傍目にはこちらが甘やかしてるとしか見られない。
    逃げたい。

    • うにゃ
    • 2010年 8月 27日

    こんにちは。
    私も母親から逃げられるものなら逃げたいです。
    以前の投稿で、母はボーダーだと書きましたが、どうやら依存型ジャイアンの暴君型とボーダー型のミックスのようです。
    特徴はこんな感じです。
    ・見放され不安から、激しい振り回し行動を起こす。だたし、自傷行為は一切なし。
    ・他罰性が強い。直面している不満なことに対しては攻撃的・暴力的。
    ・自分に都合の悪いことは、すぐに、全部忘れる。
    ・片付けられない。思いついたことを何にでも(家具にまで)書き散らす。
    ・娘のものは自分のもの、自分のものは自分のもの(不朽の名言ですね)
    一年近い休職期間を振り返ってみると、6ヶ月間も、母の振り回しや攻撃的な行動を制御するに費やしました。
    かかりつけの先生の指示に従って誓約書を作って、やっては行けない事・やって良い範囲・破った場合の罰則を成文化しました。
    (例えば、私を家の外で待ち伏せしないこと。携帯にかけるのは3回まで。ご近所と喧嘩しないこと。)
    当然、母は抵抗したので、落ち着くまで試行錯誤を繰り返して大変でした。
    これをやっていなかったら、私が自分の治療に専念できなかっただろうなと、今は思います。
    つづきます。

    • うにゃ
    • 2010年 8月 27日

    母が「都合の悪いことは忘れる病」だと思い知らされました。
    つい昨日のことです。
    母は、私にした虐待行為を全く覚えていませんでした。
    私が生まれてからこれまでに受けた、死にたくなるような暴言、殴る蹴るの暴行、裸で土下座などの屈辱的な仕打ち、全部、全部。
    だから母は「両親(私にとって祖父母)からとても愛されてされていた」と楽しそうに話し、無邪気に私の傷口に塩を塗りこむのです。
    反省の言葉などうわべだけ。
    腹立たしい、虚しい、悲しい・・・また体調を崩してしまいました。
    都合の悪いことは忘れるのは暴君型ジャイアンらしいことなんですね。
    もう反省や謝罪は期待しません。
    裏づけが確認できない話しは信用しません。
    でも・・・こんなに都合よく忘れるのって、暴君型ジャイアンなら普通ですか?
    母は重症でしょうか?

    • うにゃ
    • 2010年 8月 30日

    3連続、おゆるしを。
    ジャイアンについて理解が足りてませんでした。
    前回投稿してから、こちらのブログのジャイアン関連記事を、過去まで遡って読ませていただきました。
    私から見た母の「都合の悪いことを忘れる病」とは、こういうことだったのではないかと・・・
    1.母にしてみれば当然の言動だから、本人にとって都合が悪くもなく、記憶に残らない。
    2.母なりに耐え難い苦痛だったゆえに、本人が暴れたことも含め苦痛体験そのものを忘れている。
    依存型ジャイアンの遺伝的素因は、はっきりあるといえます。
    母方の祖父は、女遊びとギャンブルにのめり込み、莫大な借金を作った挙句に蒸発しました。
    母も依存型ジャイアンを受け継ぎながら、
    戦争体験、父親の蒸発、実家から突き放されやむなく結婚、夫(発達障害あり?)の暴力などなど、様々な苦痛があったのでしょう。
    同情はしません。
    どうしても私の寝覚めが悪くなりそうな事には、怒ります。
    母の「見捨てられ不安」を煽るようなキレ方は・・・しないように気をつけます。
    かく言う私も、ジャイアンを引き継いでいるような。
    まだまだ道のりは遠い・・・
    ご自分のジャイアンを直視されている方々に、敬意を表します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP