ADHD関連

「木から降りる」意味

 私の合理的な自己突っ込みはさらに自分を追及する。

 「木から降りられる」ことが実は巧妙な「見下し」になっているのではないか?

 つまり「相手は木に登ったままで、自分は降りられるから自分のほうが上」という形で結局「見下して」すっきりしているのではないか? 私はなんとずるい人間だろうか?

 よく自分を振り返って、少なくとも一部にはあると思う。

 ただその後私に起こったことは、「ここまで行ってやっとすっきり胸のつかえが下りた」ということだった。

 ADHDの自己突っ込みはあらゆる可能性を想定する。いずれにしても、私の中の合理的な自己突っ込みからは、「これ以上は突っ込みきれない」というところに行ったからだろう。

 私が一番恐れるのは、「本当のことも見切れない下らない奴」と自分に突きつけねばならないことだ。

 だから逆に、これ以上ないところまで自分に有利でない突っ込みをしておけば、その瞬間はそれ以上の合理的な自己突っ込みは停止して、一時の安楽が得られる。

 ただし今度は上記のこと自体が突っ込みの対象となるのではあるが。

 ジャイアンの根本問題である中心志向と合理的な自己突っ込みの矛盾の現実的な一つの解決方法は、「自分の想定できる最低の自分を考える」ということだ。ここでは合理的な自己突っ込みは(一時ながら)停止し、中心志向はあまりに遠くて問題外になる。


関連記事

  1. ジャイアンの依存性
  2. 発達障害に「気味」はない
  3. 発達障害は結論を要求する
  4. ジャイアン同士のカップル
  5. 事実と行為
  6. アスリートA氏
  7. ADHDの脳のコントロール
  8. 「ナンギ」の意味

コメント

    • むーん
    • 2008年 7月 29日

    ・・・今回の内容は、実感としてよく分かりませんが、おそらくYANBARU先生は「見下す」とゆう卑怯な手を使わないから、そういう心理に走られるのではないでしょうか??
    私は、幼少時から「あんたは頭はいいけど、後は全部0」というむごい判定を両親(特に母親)から下されて、「それならそれで、知性で世の中全部ぶったぎってやる」という滅茶な防衛システム(まさに「見下す」)がしっかりと根付いてしまったので、
    (これはこれで人間の屑かなと、最近は思うこともありますが・・・)
    あまり「自分を徹底的に最低ラインに引き下げてバランスを保つ」というのは、やった事ないです。
    PS;キムタクがジャイアン疑惑と前にカキコしましたが、どうも彼の場合、KYのではなく、そういう傲慢さからあえて自らKYみたいな気配がする・・・(間違っていたらファンの方すみません。_(_^_)_)
              

    • むーん
    • 2008年 7月 29日

    すいません・・・
    「木から降りる」こともままならず、「木の上の自分の知性=絶対」(まるでAS的!)だったら、
    前にTVで見た、「やしの木の上に1人用の住居を作ってしまってそこから降りられない人」ですね・・・(自分が。)
    岩山のライオンどころか、ギャグです・・・
    PS;もっとも、(また話ずれるけど)キムタクはそういう木の上のNo.1ホスト(!)のパロディ自演するのがすごく上手い。KYというより、わざとKYと違うかなぁ。ずっと前に、タモリが必死に歌番の司会進行してるのに、「オレは早く帰りたい」とばかりに「出発進行」とつぶやいていたことがあったぞ。m(__)m

    • mmm
    • 2008年 7月 30日

    最近は「これ以上は突っ込みきれない」ところまで突っ込みを入れるようになりました。
    最終的に、容赦なく自己突っ込みを入れ徹底する自分に優越感のようなものを感じて(他の人はなかなかそこまでしないから)、その後その優越感に自己突っ込みが入り、「結局わたしもくだらない」というところで落ち着くことが多い気がします。いやな奴ですね(笑)。
    「わたしも」ってことはその過程でやはり「見下し」のようなものが発生して、相手に対していやだなと思うところを、自分くだらなさで打ち消しているのだと思います。
    私の場合、攻撃モードに入っているときは自己突っ込みの想定ができないし、するつもりもないので、気付いた時点ですぐに謝罪するか、流せれば流してしまうかのどちらかです。(謝罪が圧倒的に多いですが)
    「自己突っ込み」は結局自分の心が穏やかであるための手段だということを最近知り、「わたしは自己突っ込みでここまで徹底するんだ」という自負のようなものが、「結局それも自分のためか、くだらないなー」という自嘲で打ち消されて、ようやくここでストンと落ちて静かになるのだな、と感じています。

    • エイト
    • 2008年 7月 30日

    私の木登り&降りは先生やmmmさんよりもっと単純です。
    「石が悪い」と同じです。
    「こんな無茶苦茶なことをしたあんたが悪い」と信じて疑わず、もうはりきって木に登ります。気分はジャンヌダルクです。
    でも木のてっぺんで「なんて大人気ないやり方をしたんだ」と気付きます。
    そして自分を蔑みながら降りてくる。
    でも相手のことは最後まで石だと思っています、たぶん。
    そしてたいてい謝れないし流せません。
    木に登らないと気が済まない、けれど登った自分が恥ずかしくなって降りてくる。
    その石は自分で歩けないから仕方ないと3割くらいは許すけれど7割くらいは許さずに恨みます。
    性格が悪いのです。

    • むーん
    • 2008年 8月 02日

    >ジャイアンの根本問題である中心志向と合理的な自己突っ込みの矛盾の現実的な一つの解決方法は、「自分の想定できる最低の自分を考える」ということだ。ここでは合理的な自己突っ込みは(一時ながら)停止し、中心志向はあまりに遠くて問題外になる。
    これは、そうだと最近思うようになりました・・・
    ホームレスになったらPCも使えない訳だし。四の五の言ってる場合じゃないっす。
    ボランティアが一番いいんだけど、今の自分には無理だから、やっぱり中間施設か作業所通おう。うん、そうしよう。
    (中心志向からはるかに遠いけど、んなこと言ってる場合じゃない。)
    と、ここにカキコでもしないと木から降りられないのが情けない自分であったりします。働く人々は美しい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP