未分類

離婚

 私自身のこう言った情報をオープンにするべきかどうか、悩んだのだが、発達障害外来の相談の中でも私自身の結婚はうまく行っているのか?と質問されることもあり、いちいちその場で説明するのも時間を取ってしまい、はっきり説明しないのもおかしいので、「本当のことだから」として説明してしまうこととした。  私の方から見た一方的な説明と断った上で簡単に説明すれば、平成29年1月私の給与振込み通帳の一つが税務署から差し押さえになり、多額の所得税の滞納が発覚した。私はそれまで申告等を元妻に任せて丸投げしており、また私宛の税務署からの督促などは一年以上私は見られないようになっていた。  弁護士さんに相談したところ、妻と言う立場は夫の代わりにいろいろな取引を代行できるため、こういう事態が今後生じないようにするためには離婚しかなかった。出来るだけ早く離婚するために不動産などは全部元妻に譲る条件で弁護士さんに依頼して平成29年5月に離婚が成立した。  滞納の税金を払うために平成29年3月には土日を3週連続つぶして連続26日勤務ということまでしてとりあえず税金は支払い、その後はしばらくギリギリで過ごした。私は税金滞納の不安もさることながら、「自分の重要なことを知らされていなかった」ことが非常にショックで、異動を期に現職場で平成29年7月と8月は午後からの半日勤務としてもらった。  子供は3人いるが、今は子供たち一人ひとりと直接連絡して生活費や学費などを仕送りしている。  これは明らかに私の障害であるのだが、10年以上捨てきれず名護市の本宅倉庫に大量の荷物が残っていたため、明け渡すために5月以降全ての休みをつぶして荷物の整理と移動を行い、それがつい最近11月末にやっと終了した。  物理的に量が多いので、新しくローンを組んで比較的安いプレハブ付きの土地を購入し、コンテナを倉庫代わりに設置して荷物を運び込んだ。今はそのコンテナに隣接して屋外用の倉庫を作ったりプレハブの修理をしたり水道が無い土地なので雨水を貯める設備を作ることなどを少しずつ進めている。  というわけで実はこの半年ほどメール相談の返事をほとんど書けない状態が続いており、大変申し訳ありませんでした。この場でみなさんに謝ります。  現在はタピックの理事長先生のご理解を得て沖縄リハビリテーションセンター病院で発達障害外来として外来診療を続けています。月曜午前は宮里病院、火曜午後から金曜は沖リハ病院(金曜午前は休み)、土曜は神谷医院という勤務体制になっています。                                  平成29年12月4日 YANBARUこと後藤健治

関連記事

  1. 障害年金再審査逆転復活3例目
  2. 障害年金再審査逆転復活4例目
  3. 積極奇異型ASDの上司の問題
  4. 孤立型ASD2
  5. 発達障害に関するNEWS
  6. 自分を変えたい人 自分で治したい人のためのページ
  7. m3より移転しました
  8. 平成27年年頭

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP