ADHD関連

発達障害と感情調整薬

 ADHDやAS(アスペルガー)などの発達障害は、一時的に「過集中」や「こだわり」等と呼ばれる注意集中の固定状態が起こり、自分の意志でコントロールできないこともある。

 またASの躁うつ病、ADHDの「過集中と虚脱」の大きな気分の変動は、一見感情障害とよく似ている。

 私はカルバマゼピン(テグレトール等)が発達障害の興奮(面白すぎて夜眠れない等)に有効であることは知っていたが、最近炭酸リチウム(リーマス等)が結構有効なケースが複数ある。特にASの認知を多少客観的にするような効果があるのが不思議だ。

 リーマスは通常は躁うつ病の躁状態に使われるが、難治性のうつ病にも有効である。気分の変動による客観的認知の障害に有効で、気分だけでなく思考も改善すると私は考えている。

 バルプロン酸(デパケン等)も即効性があり有効だ。私はよくデパケンシロップをイライラ時の頓服に処方する。

 副作用は比較的少なく、マイナー(眠剤、抗不安薬)のように耐性や依存性もなく、メジャーのように頭の働きを抑えないので、気分の変動の大きいケースにはお勧めしたい。

 http://www7.ocn.ne.jp/~k-goto/


関連記事

  1. ADHDの適応型と経過1
  2. ASの告知
  3. ジャイアンと境界例
  4. 人格障害と呼ぶ前に④
  5. 依存型ジャイアンの「弾ける」時
  6. ジャイアン語録2
  7. 受動型のASはADHDに似る
  8. ASと想像力③ 相手の意図と相談

コメント

    • ぴんぴん
    • 2010年 3月 06日

    私は、双極性2型の診断も受けていて、デパケンを飲んでいます。
    (リーマスは、押さえつけられるようで苦しくてダメでした)
    パキシルも切れないのですが、デパケンも効いてくれているのですね☆
    教えて下さって、ありがとうございます。

    • iroria
    • 2010年 9月 02日

    先生、お忙しい中、度々失礼します。
    先生はとてもお薬に関して積極的であると思い、
    以下の新薬(またはそれに近い物質)の件で
    先生の見解をお伺いしたく、書き込みさせていただきました。
    私が伺いたいのは
    オキシトシン

    コンサータ
    西日本新聞・小児用ADHD治療薬 「コンサータ」国内初承認
    http://qnet.nishinippon.co.jp/medical/doctor/feature/post_466.shtml
    という薬です。
    これはASやHAの子供・成人共に効果が期待できる
    場合があるのでしょうか?
    また、オキシトシンについては現状、医療機関では
    どのような位置の認識を持たれている薬(物質)なのでしょうか?
    もしもお時間が許す時がありましたら、
    いつでも結構ですので、先生のご意見を伺えたら幸いです。
    どうぞよろしくお願いします。
    (本当にいつでも構いません。
    先生、どうかご無理だけはなさらないで下さいね。
    …といっても、現状は無理をせざる得ない状況なのかも
    しれませんね…)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP