AC、人格障害関連

ジャイアンと引きこもり

 ある高機能のジャイアン型ADHDの引きこもりのケースの話をじっくり聞いてみると、自分のジャイアン性を自覚して「人に迷惑をかけるから」というために引きこもるということだった。

 私自身もジャイアンであるが、たしかに「世間に居ると人に迷惑をかける」ちうことは正しい。反論の余地が無い。私自身合理的に自己突っ込みを絶えず続けている問題だ。

 実際新聞記者時代まで、同期の中ではむしろ優遇されていながら、自分自身の問題を自覚することも無く、多くの先輩や同僚に迷惑をかけたことを後から痛感した。

 私は今は辛うじて仕事があるので一人前の顔をしているが、地域の活動にも参加せず、子供の行事でも話しかけられないように一人ポツンとしている。家族と仕事で関わる人以外には実は非常に「非社会的」とも言える。

 ジャイアンは強気で、その場では押しが強く、一見自信満々に見えると思うが、実は本性では非難されることを恐れてビクビクして生きている。
 「脅し」は出来るが、本当の意味で真剣勝負になると、負けた場合が怖くて勝負が出来ない。

 だから、うまく世間で表面的な成果を得るのに失敗すると、途端に弱気になり、引きこもりを選ぶことになる。
 実際問題迷惑をかけるのだから、「迷惑をかけるから出ない」という議論は正しく、引きこもりを正当化できることになる。

 強い中心志向を持つジャイアンは本来は表面的な世間的な実績を獲得しないと中心志向の自己突っ込みをかわし切れないで非常に辛い。
 
 引きこもりの状況では「世間に接触しない」と言いながら実際は何かに逃げ込まないと自己突っ込みで辛くて仕方が無いはずだ。

 私は私自身の模索していることも含めて、「ジャイアンでありつつ世間にどう行きて行くか」をともに考える作業を続けている。
 以前に「ジャイアンの使い方」でも触れたが、激しい攻撃性も使い方によっては世間を迅速かつ強引に動かすのに生かせないことは無いと考える。
 
 もっとも合理的な自己突っ込みの批判だけはどうやってもかわすことは出来ないのであるが。


関連記事

  1. ジャイアンの身体化症状
  2. カネと親の責任
  3. 年頭所感
  4. コーチング③生き方の選択
  5. コーチング②ADHDの物への執着
  6. KYの依存型
  7. 発達障害と金銭⑤刺激とギャンブル
  8. ファンタジーへの行動化

コメント

    • YK
    • 2009年 8月 19日

    私は人の中にいると、
    あがかず平静に「人と一緒」
    ができないので、
    20年以上実質引きこもり状態でした。
    自己突っ込みは、
    何で人並みに働けないのよ、
    何で人と一緒に満足できないのよ、
    何でプライド高くて、傲慢なのよ、
    と、居場所がないくらい手厳しかったです。
    自分でどうしようもない底なし沼に沈んで、
    自力の虚しさを徹底的に思い知らされました。
    そして選んだのは、
    私を創り、私を現に動かしている力、
    エネルギー、存在に対する信仰です。
    自分でどうしようもないので、
    自己突っ込みの度に、
    「神様(本当は創造主でも、存在でも、itでも何でもいいんです。)、
    この私の行い(思考、感情、言葉)
    を変えてください。自分ではどうしようもありません。
    でも本当は違う選択がしたいんです。
    どうぞよろしくお願いします。」
    と、何度も何度も祈っています。
    もちろん自分の内側に向って・・・。
    なす術もなく突っ込まれっぱなしより、
    ずっと楽になりました。
    私は本当に降参しました。
    できることだけして、
    後は「助けてください。」と、丸投げする人生を送ることにしました。

    • あまがえる
    • 2009年 8月 19日

    > 以前に「ジャイアンの使い方」でも触れたが、激しい攻撃性も使い方によっては世間を迅速かつ強引に動かすのに生かせないことは無いと考える。
    強引に世間を動かした上で失敗策だったら、自己突っ込みは一層厳しくなるように想像します。

    • 匿名
    • 2009年 8月 21日

    >激しい攻撃性も使い方によっては世間を迅速かつ強引に動かすのに生かせないことは無いと考える<  小生もよくやります。  よく言えばトップダウン。  悪く言えばパワハラ。  あまがえるさんの仰るとおり、常に結果が気になって仕方がありません。  でも考え考え抜いた末にやってうまくいけば大変嬉しい。  成り行きで思わずやってしまったときは、特に最近はあとづけで事がうまく運ぶように軌道修正をさりげなくするようにします。それを非難されないかと不安になり、また自己突っ込みも倍増しますが。  でも自分には他にやりようがない、と半ばあきらめています。そういうやり方のあとで修正を加えていく、あるいは加えてもらう(丸投げ)ことを期待しつつ...

    • 182
    • 2015年 2月 13日

    > ジャイアンは強気で、その場では押しが強く、一見自信満々に見えると思うが、実は本性では非難されることを恐れてビクビクして生きている。
    >「脅し」は出来るが、本当の意味で真剣勝負になると、負けた場合が怖くて勝負が出来ない。
    > だから、うまく世間で表面的な成果を得るのに失敗すると、途端に弱気になり、引きこもりを選ぶことになる。

    本日、ただ今↑の状況です。
    「表面的な成果を得るのに失敗すると、途端に弱気になり、引きこも」ってここにコメント書きにきました。
    ここにコメントを書くのそんな自分に喝を入れるためです。(クールダウンという意味も)

    「非難されることを恐れてビクビクして生きている」自分へ。
    それが、ジャイアンなんだよ!まだまだ自覚が足りないぞ!
    「負けた場合が怖くて勝負ができない」なんて臆病者め!勇気を出せ!
    非難される事は怖いさ。ビクビクの弱虫さ。今はそれを認めよう。
    私がジャイアンである以上、もはや、「自分の意思で、自分の理想に向かって、冷水を浴びながら戦い続ける道を選ぶ」以外の生き方はできない。
    非難されることはあるさ。ジャイアンだもの。でもこの生き方しかできない。

    もうあとは「勇気」なんだと思う。ジャイアンであり続ける事への「勇気」
    ジャイアンでないと出来ない事って確実にある。それを信じる「勇気」
    非難する人はいる。確実にいる。その非難は彼らの正義。それを受け止める「勇気」

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP