AS(アスペルガー)関連

ブログ上コーチング⑧ASの愛着

関連記事

  1. ジャイアン語録3
  2. ジャイアンか病気か
  3. 問題の自覚
  4. ADHDの認知② 「今しかない」
  5. 依存型ジャイアンの超楽観主義
  6. 最悪の相性
  7. 「言ってやってもらっても」
  8. 人格障害と呼ぶ前に⑥

コメント

    • 2007年 4月 04日

    はじめまして。
    自己診断ではAS(受動型)でADHDの彼女と交際しているものです。
    気持ちがわかるとはいえませんが、言葉のうえでは僕も同じです。愛着する相手以外はどうでもよくて愛着する相手の事を大切にしたくても出来なくて支配せずにはいられなくて。
    何も優しくも大切にも出来なくて自分が情けなくなります。
    YANBARU先生のアドバイスのように相手を信じ大切にして彼女と一緒にいれるよう、僕は他に好きな事や物を見つけたり思い出したりしながら彼女への依存を散らしていこうかと考えているのですが、そういったやり方はどうでしょうか?

    • HIKARI
    • 2007年 4月 04日

    私は結婚してますが、夫以外の方に勝手に愛着を持つことがあります。
    私を振り向かせたい衝動と、実際は何一つ行動に出れない自分の心のギャップに苦しみます。
    好きな人ほど無視をして、いろんな可能性を壊してきました。
    もしも、本当に振り向いてくれたら・・と想像すると、現在の夫に対する態度と同じ態度を取ってしまうのではないか?と・・結局は不幸にしてしまうのではないか?と怖くなり、心の中だけの空想に終わります。(すみません・・大事な夫なのに結構横柄な態度を取ってます・・)
    結局、あの人はやっぱり・・遠くにいたほうが幸せなんだ、と諦めます。
    苦しいですけど、仕方ありません。

    • mario (AS)
    • 2007年 4月 05日

    「相手の意志を信じる」、「好きであれば相手を大事にする」、「相手を大事にするとは相手の意志を尊重する」、「勇気を出して相手に実際の気持ちを言葉で聞いてみて、それに合わせるように努力する」、「自分の衝動よりも相手を大事にすることを優先にする」
    最近、妻の思うように生活してもらって、生活をサポートしようと言う気になってきています。正にYANBARU先生の書いている上記のような気持ちです。こちらの希望や反省や、自分について分かったことなども伝えています。が、その努力もむなしく、この先、妻の希望のままに離婚してしまいそうな状態です。離婚してもサポートを続けるつもりですが、本当に続けられるのか、あるいは本当に離婚して良いものか悩んでいます。
    夫婦の問題だけならば離婚もありかとも思う事もありますが、息子の事が心配です。
    もう支配はしたくないのですが、自分の希望を主張し粘る事と、支配する事の違いが未だに良く分かりません。

    • ハート
    • 2007年 4月 05日

    私は、愛着がわいた相手に合わせていたら、最初はうまくいっていたのですが、最終的にそれはおかしいと相手に指摘されました。
    結局、普通のタイプの人と関係を継続することは、今の時代とても難しいことだと思います。
    相手がよほど献身的な世間知らずの場合は、うまく行く可能性がありますが。。

    • yurin
    • 2007年 4月 06日

    こんにちは。
    事情あって、ブログを閉じますので、トラックバック3件削除お願いします。
    同時に、この書きこみをもって、最後のコメントにしたいと思います。今までたくさん勉強させていただきました。
    人生の糧にしたいと思います。ありがとうございました。

    • hon
    • 2007年 4月 09日

    私はアスペです。弟2人が自閉症です。私は女医が嫌いです。素人の中でも最も嫌いな人種です。25歳以上の女性もよほど美人でなければ、興味がありません。私はセックスが好きですが、恋愛の過程は嫌いです。ヘルスへは毎日行っています。結婚はしていませんが、子供は20人ぐらいいます。母親たちは日本以外のアジア人か東欧の人です。HIVもHBVもネガティブです。私はストーカーはしません。地球には30億人も女がいるのに1人の女に執着するのは考えられません。女は川の水の如く私の上を流れて行くものです。アスペをストーカーと関連づけるのはやめてください。

    • さい
    • 2007年 4月 10日

    アスペだろうが何だろうがあんたは最低な人です。
    恋愛の過程が嫌いなのも結構
    セックスが好きだろうがなんだろうがどうでもいいけど
    子供が20人いるって責任はちゃんと果たしているんですか?
    養育費とか・・。
    こういう内容を平気で書くことができるなんて
    人間として!!恥ずかしくないんですか?
    結局は金を払わないと女に相手にされないって自慢してるんですね

    • 最近何故か癌研究ばかりしている腎臓屋
    • 2007年 6月 02日

    医学研究科博士課程2回生女性医師です。
    ご教授いただきましたこと、ありがたく思います。
    正直困難です。
    やっぱり、たとえばどこの組織に所属するとしても、
    そこの全員を私が本質的に尊敬できなくて大嫌い、
    というくらいのほうが本業に集中できてやりやすい、と思ってしまうのです。
    私の好きな部類のタイプの人間「馬鹿正直、貧乏くじ、ちゃっかりしていない、勤勉(こういう馬鹿馬鹿しいひとが好き、私もそうだから)」、そんな人が「先の見通しが付いていない」とか「目先の利益にとらわれて、本質から外れた行動を取っている」とか「ちゃっかりしたひとに利用されている」そんな時にどうしても「なんで先を見通せないか、気づかないのか、本来大事にすべき人間をないがしろにして、ちゃっかりした人に利用されて組織が腐敗していることに気づかないのか」相手が気づくまでどんなに上のオーベンだろうと、准教だろうと指摘し続けてしまって、「好きだからこそ、もう近くに居たくなくなる」。

    • 腎臓屋
    • 2007年 6月 02日

    続きです。
    大抵、相手は私の気持ちがわかるのか(私には相手はなんだかわからない)「どんなにいますぐここを出て行きたい」といっても強力に引き止める、これまでの人生でもそうだった、自分にとって本来大事な相手は全部否定してきた、希望の研究所を紹介してくれる、私の専門外来を開設してくれる、私専用の検査項目を外注から院内検査に移行してもらい数時間以内に結果が出るようにしてもらえる、海外留学を斡旋してくれる、でも全部拒否してその組織を出て行く人生だった、その上司は私にとって大事な人だったから。
    現在は今までの人生で最も恵まれている、これまでは引き止められても患者さんを地域病院や私のアルバイト先に全部割り振れば勝手に出て行けた。今は研究だからそれができないように上司は私の願いの殆どをその場でmailひとつで叶えてくれる、「その分野に関して一番何でも知っている人と研究しないと嫌」 -> いわゆるその研究分野の第一人者といわれるひとと共同研究にしてくれる、外部の人との約束だから、プロジェクトの途中では責任上当然出て行けない、「腎臓内科の医局は追い出されたから今後も専門医を取ったりはできないけど、自分の考えた腎疾患のメカニズムはかならず実証するつもりだし、私は生涯腎臓内科医である」-> 私の作った実験系で科研費を取ってきて実験機器を買い与えてくれる、勿論私が考えたテーマだから他の人に全部預けることもできないし、厚生省を裏切ることはできない。
    もう正直解らない、いままでの人生において一番恵まれた状況であるからこそ、一番辛い。

    • のら
    • 2010年 11月 05日

    やんばる先生のブログを読んでいてちょっとずつだけど、自分の障害がつかめてきたように思います。
    私は自分と人が一体化してるというか、切り離して別々の人だと思えてなかったんですね。何かの本に優しさとは、相手と自分の違いをみつけることから始まるって書いてあって、それで私はずっと独善的な押し付けしか出来なかったんだと思いました。
    自分(自我?)を確立してないと人とは向き合えないみたいです。赤ちゃんと大人が対等に付き合えないことと同じですね。。
    自我が弱いからなのか、人の感情やエネルギー?みたいなものは身体にひしひし伝わってくる感覚があって、それも恐くて、自分を守りながら人と付き合うにはどうしたらいんだろ‥と途方に暮れます。
    自分が不道徳なことをしたりすると、そのあと身体全体から自己突っ込みが入って、過呼吸になったりパニック状態になったりします。きっと、自分が言葉や考えにしてない感情を身体が読み取って自己突っ込みしてるのかもと思います。
    これって何かの役にはたてないですかね〜(>_<)敏感な身体をもつ人ができることってないでしょうか?? 自閉系の人はみんなそうなんでしょうか? 愛着の問題も人と自分を一体化してしまうってことと、身体の感覚の敏感さから人と安心して向き合えないからコミュニケーションとれる人が少ないから愛着の人に過剰に執着してしまうのかなと思いました。

    • JET
    • 2013年 1月 17日

    愛着がASとADHDの分かれ目とすると、私はやっぱり無いなあと思います。。。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP